一夜明けてもなお、悔しくてしょうがありません。

マンハッタンスカイ?

違います。

W杯のオランダ戦です(笑)

挙句の果てに、デンマークがカメルーンに勝ってしまったので、最後のデンマーク戦は、何が何でも勝たないといけなくなりました。まさにインターハイ予選の最終戦の、湘北 VS 陵南です。

100620_092812.jpg

関係ない話はこのへんで…

阪神10R マーメイドステークス

最後まで悩みましたが、結局のところこれという一頭を選びきれませんでした

ということで、絞った各馬の考察理由を挙げていきます。

⑧ブラボーデイジーはヴィクトリアマイルでベストロケーションと先行争いをした結果、結構な速いペースで進んでいったにもかかわらず、最終的には0.2秒差ですから、これは価値のあるレースと見ていいと思います。その上、今回は調教もよく、坂路タイムも好時計をマークしましたので、ヴィクトリアマイルの時よりも状態がいいとみます。

一方、注目していた⑨ブライティアパルスですが、週中考察でも危惧していた通り、結構な人気になってしまいましたので、去年のニシノブルームーンのように、勝ちきりは難しいかもしれません。切れる脚を持っているわけではないですので、できる事ならハナを切るくらいでいってほしいですね。ただ、距離だけが心配です。陣営も折り合いさえつけば距離は持つと、意外にも恐る恐るな感じなので少々割引したいですね。

そして個人的に注目しているのは①マイネレーツェル GⅡ2勝馬が今はすっかり見る影もないですが、見切るのは早計ですね。戦歴を辿っていたところ、この馬は2000なら安定して良い上がりを出しています。同年代のレジネッタもついこないだ重賞を勝ちましたしね。滑り込みは大いに考えられます。

そして、なにより怖いのは③テイエムオーロラです。栗坂を馬なり調教で51.3秒ですから、これは結構な数字です。調教だけを見れば本命候補間違いなしです。とにかく、あきらかに前走より状態がいいと思えますので、これは一発も頭に入れないといけません。

現在一番人気のニシノブルームーンですが、前走もヒカルアマランサスと差のない競馬をしているのに、今回1キロの差が生まれていますので、そこでの人気理由が高そうです。しかし、どうでしょうね…危ない気がしています。去年も3着ではありますが、あれは展開と斤量が生んだもの。今年もうまくハマるでしょうか?同様に、大外から差して来るであろうヒカルアマランサスも、この斤量でその脚がいつものように使えるとは思えません。使えて60%という感じがします。

あと、いつ好走するか読めない⑤コロンバスサークルは抑えが必要でしょう。調教も悪くないですし、斤量も魅力です。結果は伴いませんでしたが、中山牝馬S、福島牝馬Sと1人気だった馬ですからね。無いとは言い切れません。こういう時の田中勝春騎手は本当に怖いですからね。いつかのムードインディゴを思い出します。ひとつ注意なのは、輸送減りしていないか、そこだけはチェックが必要です。

■馬連■

1.3.5.8.9 ボックス 各100円

■3連複■

3.5.8.9 – 3.5.8.9 – 1.3.5.8.9.14.16 各100円

計3,200円

福島11R バーデンバーデンカップ

休み明けといえど、乗り込み充分で56キロならこのメンバーでも問題ない②モルトグランデを軸に、前が止まらない事を考慮し前々をいくであろう軽斤量の⑦ボストンオーと、過去牝馬の好走が多い事から実績的にも裏づけのある⑪コスモベルで馬券を組み立てます。

■3連複■

2 – 7.11 – 1.7.11.12.14.15.16 各100円

計1,100円

阪神9R 三木特別

⑧アドマイヤプリンスが抜けた人気となっていますが、正直大コケの危険性がかなりあると思います。ここは降級馬の中でも実績的に能力の高い⑦チュウワプリンスの方が連対確率は高いと見て、馬券はこちらから組み立てます。

■馬連■

7 – 2.4.5.8.9.10 各100円

計600円

福島10R 横手特別

降級馬が7頭も出ていますが、持ち時計や成績を見ていけば抜けているのは2頭のみ。⑪グラヴィテーションと⑭ヒラボクワイルドで問題ないと思います。少なくともどちらかは必ず連対すると思います。

■3連単■

11.14→11.14→1.3.6.8.12.15 各100円

計1,200円

総計 6,100円

正直なところ、一番自信がないのはマーメイドステークスです

ただ、三木特別と横手特別はそこそこの自信がありますので、なんとかそこだけでもお願いしたいですね