今週は毎日杯を重点的に考察していたわけですが、よく考えてみれば毎日杯と同様に、スプリングSもフラワーCも条件が同じなんですよね。つまり、同じデータで同じ予想ができると思われました。

そうなるとやはり、阪神の外回りですから前目につけている馬は厳しく、上がり勝負になると思われます。
他の同条件の大阪城ステークス、鳴尾記念、ローズステークスも見返してみましたがやはりその傾向が強いですね。

今回はそれを踏まえた上でそれぞれ結論付けたいと思います。

■スプリングステークス

個人的に今年の3歳で推しているベルシャザールとリベルタスが出走という事で見るレースとしても楽しみな一戦です。

メンバー的に末脚に魅力のある馬は以下

◎ オルフェーブル
○ ゴールドブライアン
○ ダブルオーセブン
○ リフトザウイングス
○ ステラロッサ
○ サトノオー

やはりオルフェーブルが際立って見えますね。
ダブルオーセブンあたりはまだまだ未知ですし、鞍上も戸崎騎手ですのでかなり怖い一頭です。

調教的に良かった馬

○ ショウナンパルフェ
○ オルフェーブル
○ グランプリボス
○ サトノオー
○ リフトザウイングス

レースが延期したために先週でメイチに仕上げていた馬が多く、ショウナンパルフェ、オルフェーブル、グランプリボス、リフトザウイングスあたりは先週の時点だったら◎評価でした。
逆に延期してさらに良く仕上がったのはサトノオーです。ただ想定外の輸送だけが心配ですね。

【気になる不安要素】

ベルシャザール
鞍上が安藤騎手に戻りましたが、安藤騎手は最近年齢的な事からも最低限の数しか騎乗せず、自信のあるレースやつながりの深い厩舎を重点的に騎乗している事からも、勝率は2割近く、連対率も4割と驚異的な数字が出ています。
しかし、重賞にいたってはむしろ不振といっていいほど結果を残せていません。
重賞9戦して連対なし、3着が2回のみです。
馬自体は状態も良さそうなだけに、これだけが本当に怖いですね。

グランプリボス
朝日杯FS優勝馬は、年明け初戦でこけるというのが毎年の鉄則です。
ローズキングダム、セイウンワンダー、ドリームジャーニーとそうそうたるメンバーが、初戦のスプリングSや弥生賞で散っています。こうなるとやはりこの馬も不安要素は多いです。

これらを考慮した上で今回の結論は以下

◎ ⑥ オルフェーブル
○ ⑱ サトノオー
▲ ⑦ ベルシャザール
△ ⑰ リベルタス
△ ⑭ リフトザウイングス

紐 ⑬ ダブルオーセブン

馬単
⑥⑦⑰⑱ – ⑥⑦⑬⑰⑱
各100円

馬連
⑭ – ⑥⑦⑬⑰⑱
各100円

トリガミ必死ですが、皇成くんが突っ込んできてくれる事を信じています。

■フラワーカップ

メンバー的に末脚に魅力のある馬は以下

○ ハブルバブル

調教的に良かった馬

◎ マイネイサベル
○ サトノフローラ

正直、上記の要素も少ないことから抜けた馬もさほどいなく、かなりどんぐりですね。
サトノフローラ、アフロディーテはともに、ここまでに1レース叩きが欲しかったですし、ハブルバブルの連闘も気になるところ。

そうなるとやはりここは、危険な人気の上がり馬よりも堅実に実績のあるマイネイサベルが上位とみます。阪神外枠なので、この枠も絶好とみていいでしょう。

馬連
⑰ – ①②③⑤⑦⑧⑪⑫⑬⑭⑱
計11点 各100円

■六甲ステークス

ここは虎視眈々と勝機を伺うグランプリエンゼルでいきます。
穴に怖い矢作調教師が、まさに怖い一頭を送り出してきましたね。
矢作調教師も意味深なコメントをしてますし、ここは一発もありえます。

馬連
⑤ – ②⑥⑦⑨⑪⑭⑯⑰
計8点 各100円