■大阪杯

背水の陣ともいえる今回、あえてメイチに仕上げてきた可能性のあるヒルノダムールから勝負します。
完璧なレース運びで勝ってもおかしくなかった前走、トゥザグローリーだけにあらず、牝馬にまで抜かれたのは陣営のプライドを傷つけたのではないでしょうか?ディープスカイでの敗戦も糧にしてるはずですし、ここは意地の一戦になると思います。

相手1番候補は中山記念でも世界No.1馬に粘りを見せたキャプテンゥーレで。
連日差しが決まっているので、坂でスピードが落ちると思っている後続陣を尻目に、心肺機能が強そうなこの馬ならそのまま残りそうな気がします。

また怪我さえなければ王道を歩んでいたはずのダノンシャンティは、ようやく本来の走りに近づいてきてますので、そろそろ注意が必要かと思います。

有馬組は基本的に4歳しか走れないのでドリジャは切ります。
調教内容を見ても、去年の宝塚記念から坂路追いだけとなっており、上がりの衰えを隠せない状況です。

また、エイシンフラッシュは本番はこの次であり、59キロの斤量もあるので昨日のローズキングダムを見る限り、掲示板がやっとという見解になりました。

穴は中山記念組で4歳のミッキードリーム。前走で叩いて一変する可能性はあります。

馬単
⑤⇔⑧ 各300円
⑤⑧→③⑩ 各100円
⑩→⑤⑧ 各100円

3連単
⑤⑧-⑤⑧-③⑩
⑤⑧-③⑩-⑤⑧
各100円

■ダービー卿CT

コースデータの統計、阪神外回りの適正、持ち時計の優秀さから、スピリタスで勝負します。

キングストリートが池江泰郎元調教師管理馬というのがかなり怖いですが、持ち味は平坦コースで活かされそうな上今回は57.5キロと見込まれてしまった事、前走の勝ちっぷりは良かったですがタイムが平凡だった事など、危険な1人気の可能性もあるので少し割り引きました。

他はマイルではまだ底が知れていない可能性のあるコスモセンサーに注目したいです。
(昨日のコスモネモシンと同じ気配を感じます)

キョウエイストームも、中山だけだと思っていると痛い目に合うと思います。右回りで坂という意味ではコース形態も似ており、初の阪神で激走は充分にあります。

馬単
① – ②④⑤⑪⑭
各200円

馬連
① – ②③④⑤⑪⑬⑭
各100円

■マーガレットステークス

この距離の実績では重賞も狙えそうな⑪シャイニーホークからいきます。

相手は、テイエムオオタカと同等の粘り脚を見せる①ダンシングロイヤルと、昨日から絶好調の福永騎手が鞍上の④キタサンフクジン、鞍上変更で思い切った騎乗が見れそうな⑧クリアンサスに、展開さえハマれば一発もありそうな⑯タガノラヴキセキまで。

馬連
⑪ – ①④⑧⑯⑱
各100円

※⑱プラスデトワールは過剰人気でいらないと思ってますが、昨日のセイクリムズンの後悔もあるので100円プラスという事で馬券にはオマケで入れます(苦笑)