阪神大賞典(GⅡ)結論

トーセンカンビーナが面白い存在です。3歳クラシックは活躍できなかったものの、出遅れ癖があるにもかかわらず安定した末脚で3勝クラスをあっさり勝ってきたのは成長が見えている証。

3000mを超える長距離なら出遅れも多少不利軽減になりますし、重賞でこの馬を狙うなら今回な気がします。

相手は当然キセキ一頭。角居厩舎2頭の組み合わせになってしまいますが、2頭出しでワンツーや、2頭出しで人気薄の方が来る、なんていうのはわりとあることですしね。ここは角居厩舎フィーバーを期待します。

阪神大賞典(GⅡ)買い目

馬券形式 買い目 ベット荷重
馬単 ④-⑨ ★★★
⑨-④ ★★

 

以上、阪神大賞典の予想でした。

よかったらランキングクリックも宜しくお願いします!