この記事は「第80回 桜花賞(GⅠ)の予想記事です。


 

どうもキラです。

今回は第80回 桜花賞(GⅠ)が行われる阪神・芝1600mのコースデータを見ていきます。

桜花賞とは

桜花賞は牝馬クラシック3冠の1冠目に位置づけられ、時期的にも春のGⅠ戦線の初戦という印象が強いレースです。創設は1939年と歴史は古く、「中山四歳牝馬特別」として中山競馬場の芝1800mで施行。その後、開催地を東京、京都、阪神へ、距離も1800mから1600mへと幾度かの変遷を経て、名前も「桜花賞」に変わり今の阪神競馬場・芝1600mで定着しています。また、1984年よりグレード制を導入、GⅠに格付けされ、5着までの馬には優駿牝馬(オークス)の優先出走権が与えられることとなっています。

1995年より指定交流競走とされ、地方競馬所属馬も出走可能に。外国産馬も2004年から出走可能となり、そして2010年からは国際競走に指定され、現在は外国馬も出走可能になっています。

芝適性の3歳牝馬にとってはどんな距離適性でもまずはこの桜花賞を目指し、その後、オークスかNHKマイルCかと路線が別れるのが一般的。

レースレコード(GⅠ昇格後)は2019年のグランアレグリアの 1:32.7 。

桜花賞(GⅠ)コースデータ

阪神・芝1600m


画像元:http://www.jra.go.jp/

朝日杯フューチュリティーステークスや阪神ジュベナイルフィリーズと同条件のコースで、外回りコースを使用します。

コースの特徴

  • スタートからコーナーまでの距離は長めでスタートによる枠の不利はない
  • 3・4コーナーが大きな弧になっているため距離も長く、下り坂になっていることから外枠からの差し・追込が目立つ
  • 最終コーナー直後に内回りコースの通り道がポケットとなり、インを走っていた馬は内を突くことがある
  • 直線で急勾配になっており、最終的には上り勝負
  • 馬場が荒れて時計がかかる傾向が多い

有利データ(2017~2019年統計)

枠順

枠順 成績 勝率 複勝率
 1枠  24-10-18-155 11.6% 25.1%
 2枠  11-20-20-164 5.1% 23.7%
 3枠  18-11-12-183 8.0% 18.3%
 4枠  23-19-16-178 9.7% 24.6%
 5枠  21-22-19-194 8.2% 24.2%
 6枠  20-29-21-200 7.4% 25.9%
 7枠  20-18-22-253 6.4% 19.2%
 8枠  18-24-26-267 5.4% 20.3%

1枠の勝率が飛び抜け。この背景には逃げ・先行馬が1枠のケースが多そう。

ちなみに各競馬場の1600m戦での1枠の成績は以下

競馬場 成績 勝率 複勝率
東京競馬場 18-25-23-240 5.9% 21.6%
中山競馬場 24-21-19-226 8.3% 22.1%
京都競馬場(内) 8-11-9-117 5.5% 19.3%
京都競馬場(外) 7-7-6-73 7.5% 21.5%
新潟競馬場 7-7-5-107 5.6% 15.1%
中京競馬場 12-8-13-111 8.3% 22.9%

上記を見ても、勝率10%・複勝率25%を超える競馬場はなく、いかに阪神のマイル戦が1枠有利だという事がわかる。

よって、阪神・芝1600mにおいては、逃げ・先行馬が1枠に入ったら少しでも評価を上げていい+1pt

今年の1枠の先行馬

  • ナイントゥファイブ+1pt

脚質

脚質 成績 勝率 複勝率
逃げ 17-23-8-106 11.0% 31.2%
先行 65-58-52-393 11.4% 30.8%
差し 53-54-64-581 7.0% 22.7%
追込 20-18-30-509 3.5% 11.8%

思いのほか逃げが良く決まっている。数字を見る限り前有利の印象。

今年の逃げ馬

  • スマイルカナ+1pt
  • レシステンシア+1pt

種牡馬

馬名 戦績 複勝率
エピファネイア 3-1-0-2 66.7%
バゴ 2-5-1-10 44.4%
Frankel 2-2-2-7 46.2%

絶対数は少ないものの、エピファネイア産駒の数字は注目必死。

今年の該当馬

  • デアリングタクト(エピファネイア)+5pt

騎手

騎手名 成績 複勝率
C.ルメール 17-9-9-21 62.5%
川田将雅 19-12-15-37 55.4%
M.デムーロ 8-9-10-33 45.0%
西村淳也 2-2-2-8 42.9%
福永祐一 13-12-14-53 42.4%
浜中俊 12-4-5-46 31.3%
石橋脩 2-1-0-7 30.0%

複勝率6割超え、勝率3割超えとルメール騎手の数字が異常。ある程度の馬に乗っていればまず馬券に絡まないことはない。
ルメール騎手に目が行きがちだが、川田騎手の勝率・複勝率もかなり好成績。
浜中騎手・石橋騎手は勝率だけで言えばかなり高め。

今年の該当馬

  • サンクテュエール(ルメール)+5pt
  • リアアメリア(川田将雅)+4pt
  • ミヤマザクラ(福永祐一)+3pt
  • クラヴァシュドール(M.デムーロ)+3pt
  • マジックキャッスル(浜中俊)+1pt
  • チェーンオブラブ(石橋脩)+1pt

調教師

調教師名 成績 勝率 複勝率
中内田充正 22-8-6-34 31.4% 51.4%
藤沢和雄 31-21-20-75 21.1% 49.0%

中内田厩舎の勝率と複勝率が異常。3頭に1頭は勝ち、2頭に1頭は馬券に絡んでいる計算。
複勝率に関しては藤沢厩舎も負けていない。

今年の該当馬

  • リアアメリア(中内田充正)+5pt
  • クラヴァシュドール(中内田充正)+5pt
  • サンクテュエール(藤沢和雄)+3pt

コースデータ獲得ポイント

最終的にコースデータから加算された独自ポイントの結果は以下。

  • リアアメリア +9pt
  • クラヴァシュドール +8pt
  • サンクテュエール +8pt
  • デアリングタクト +5pt
  • ミヤマザクラ +3pt
  • マジックキャッスル +1pt
  • チェーンオブラブ +1pt
  • スマイルカナ+1pt
  • レシステンシア+1pt
  • ナイントゥファイブ+1pt

 

以上、桜花賞(GⅠ)が行われる阪神・芝1600mのコースデータでした。

よかったらランキングクリックも宜しくお願いします!