この記事は「第65回 京王杯スプリングカップ(GⅡ)の予想記事です。


 

どうもキラです。

今回は、京王杯スプリングカップ(GⅡ)の最終予想をおこなっていきます。

京王杯スプリングカップ(GⅡ)コースデータ

東京・芝1400m

画像元:http://www.jra.go.jp/

京王杯2歳ステークと同条件のコースです。

コースの特徴

  • スタート位置は向こう正面の途中。スタートしてすぐに坂を迎えるため、1400mの短距離にもかかわらずペースが速くならない⇒先行有利
  • 最終直線でも坂があり、高速馬場であればスピードタイプの馬が逃げ・先行で粘り切るケースは必至

京王杯スプリングカップ(GⅡ)統計データ

ローテーション

高松宮記念組、東京新聞杯組、ダービー卿CT組が主力で、現在8年連続でこのいずれかの組が必ず連に絡んでいます。

ただ、洛陽ステークスや心斎橋ステークスなどといった重賞以外の組からでも連に絡むことはあるので、3勝クラスやOP組は純粋に調子の良さを取り上げた方が良さそう。

種牡馬

SS系がとにかく多いですが、ここ3年はネイティヴダンサー系が優勝しており、ちょっと警戒が必要かもですね。

 

京王杯スプリングカップ(GⅡ)好調教馬

馬名 評価
①ラヴィングアンサー
②グルーヴィット
③ケイアイノーテック
④ドーヴァー
⑤レッドアンシェル
⑨セイウンコウセイ

 

京王杯スプリングカップ(GⅡ)最終結論

この雨と、好調教馬がこぞって内枠なので少々悩みましたが、高松宮記念組が固まっている外枠がまとめて差してくると読みます。

理想の展開としては、⑨セイウンコウセイがレースを作り、⑩タワーオブロンドン、⑫ステルヴィオ、⑬ダノンスマッシュが強襲していくイメージです。妙味として展開の利から⑦ストーミーシーと併せの相乗効果で⑪エントシャイデンも抑えで。

 

京王杯スプリングカップ(GⅡ)買い目

馬券形式 買い目 ベット荷重
馬連 ⑨-⑦⑩⑪⑫⑬
⑦⑩⑪⑫⑬ボックス

 

以上、京王杯スプリングカップ(GⅡ)の予想でした。

よかったらランキングクリックも宜しくお願いします!