この記事は「第50回 高松宮記念(GⅠ)の予想記事です。


 

どうもキラです。

今日は高松宮記念(GⅠ)の過去10年の統計データを見ていきます。

統計データ(過去10年※阪神開催の2011年は除く)

タイム・ペース傾向

過去10年のタイムとペースは以下

馬場 タイム ペース
2019年 1:07.3 33.2-34.1
2018年 1:08.5 33.3-35.2
2017年 1:08.7 33.8-34.9
2016年 1:06.7 32.7-34.0
2015年 1:08.5 34.0-34.5
2014年 1:12.2 34.5-37.7
2013年 1:08.1 34.3-33.8
2012年 1:10.3 34.5-35.8
2010年 1:07.9 33.5-35.1

タイム自体はそこまで縮まっている印象はないですが、近年ペースが速いラップで進んでいる傾向にあります。終始速いペースで走り切るため、上りの速い馬を優遇したい。

上りが良い馬

  • アイラブテーラー
  • グランアレグリア
  • シヴァージ
  • ステルヴィオ
  • タワーオブロンドン
  • ダイアトニック
  • ノームコア
  • モズアスコット

ローテーション

シルクロードS 7頭 3-2-2
阪急杯 8頭 3-3-2
オーシャンS 8頭 2-2-4
フェブラリーS 1頭 0-1-0
京都牝馬S 1頭 0-1-0
香港スプリント 1頭 0-0-1
チェアマンズS(招待) 1頭 1-0-0

主流はほぼほぼシルク組か阪急組かオーシャン組。その3組の23頭中、21頭がそのレースで3着以内、ないしは3人気以内だった。それにあてはまらなかった2頭も、5着か5人気というところなので、いずれにせよ掲示板以内か5人気以内だけを警戒しておけば良さそう。

今年の該当馬

  • アウィルアウェイ(シルクロード・3人気/1着)
  • ダイアトニック(阪急杯・1人気)
  • クリノガウディー(阪急杯・3人気)
  • ダノンスマッシュ(オーシャン・1人気/1着)
  • ナックビーナス(オーシャン・3人気/2着)
  • タワーオブロンドン(オーシャン・2人気/3着)

 

  • モズスーパーフレア(シルクロード・2人気/4着)
  • セイウンコウセイ(シルクロード・5着)
  • ステルヴィオ(阪急杯・4人気/5着)
  • ダイメイプリンセス(オーシャン・5人気)
  • キングハート(オーシャン・5着)

馬齢・性別

4歳牡 6頭 3-0-3
4歳牝 1頭 0-0-1
5歳牡 5頭 3-1-1
5歳牝 4頭 1-1-2
6歳牡 8頭 0-6-2
6歳牝 1頭 0-1-0
7歳牡 2頭 2-0-0
7歳牝 0頭
8歳以上牡 0頭
8歳以上牝 0頭

※セン馬は牡馬にカウント

牡馬は勢いある充実期の若い世代が中心だが、経験豊富な7歳までが勝ち負けする。逆に8歳以降は実績なし。
そして牝馬はさらに範囲が狭くなり、5歳~6歳が勝ち負けになる指標。7歳以降は実績なし。

割引対象馬

  • ダイメイプリンセス(牝7)
  • ティーハーフ(牡10)
  • ナックビーナス(牝7)

人気

1人気 6頭 3-0-3
2人気 5頭 2-3-0
3人気 7頭 2-2-3
4人気 1頭 1-0-0
5人気 1頭 1-0-0
6人気 2頭 0-2-0
7人気 0頭
8人気 1頭 0-1-0
9人気 0頭
10人気 2頭 0-0-2
11人気以下 2頭 0-1-1

勝ち馬は5人気以内で収束している。1番人気の信頼度こそそんなに高くはないが、人気上位馬が勝利することはほぼ間違いない。

騎手

福永祐一 3回 2-0-1
M・デムーロ 2回 1-0-1
岩田康誠 5回 1-2-2
幸英明 2回 1-1-0
松山弘平 2回 0-2-0

2勝は福永騎手のみ。馬券内のい回数で言えば5回という岩田騎手の成績は異常。

今年の該当馬

  • タワーオブロンドン(福永祐一)
  • モズアスコット(M・デムーロ)
  • グルーヴィット(岩田康誠)
  • セイウンコウセイ(幸英明)
  • アウィルアウェイ(松山弘平)

 1  1頭 0-0-1
 2  5頭 3-2-0
 3  4頭 3-1-0
 4  6頭 0-1-4
 5  3頭 2-0-1
 6  2頭 1-1-0
 7  2頭 0-1-1
 8  5頭 0-3-2

6枠の2頭は同年によるもの、7枠の2頭は同一馬で逃げ馬、という観点から、中途半端な外目の枠は不利傾向。近年は2~4枠が主流。

脚質

逃げ 1頭 0-0-1
先行 12頭 6-4-2
差し 7頭 3-1-3
追込 7頭 0-4-3

終始ペースの速い展開での先行勢がそのまま押し切る傾向が多い模様です。しかし、基本的には逃げ馬は直線で残れません。頭は先行・差しで絞り込むのが妥当です。

 

 

以上、高松宮記念の過去10年統計データ考察でした。

明日は調教考察からの最終結論を出す予定です。

よかったらランキングクリックも宜しくお願いします!