この記事は「第56回 小倉記念(GⅢ)の予想記事です。


 

どうもキラです。

第56回 小倉記念(GⅢ)の最終予想をおこなっていきます。

第56回 小倉記念(GⅢ)コースデータ

小倉・芝2000m

画像元:http://www.jra.go.jp/

コースの特徴

  • 典型的な平坦小回りコースで枠による有利不利も出やすい
  • 夏開催は野芝になるためスピードが出やすいところから先行馬が有利

 

小倉記念(GⅢ)ポイント

  • 4歳馬が活躍傾向
  • ハンデ戦ではあるものの、そこまで軽斤量の馬の活躍は見られず実績馬が強い
  • ローテーション的には鳴尾記念、七夕賞組が多く、
  • 穴をあける際は高齢馬
  • 決着タイムは幅が広く、ペースも様々。これほど傾向が割れているのも珍しい

 

小倉記念(GⅢ)最終結論

実績的にもここは抜けている⑪サトノルークスが鉄板かと思います。

前走はかなり間隔が開いてのレースだった上に、後方すぎるほど後ろからの競馬になったのが敗因。乗り込みが足りてない印象だった前走に比べ、今回は追い切りの手応えもありそうですし、変わり身期待です。

相手には、枠的にも逃げがハマりそうな②ミスディレクション、マーメイドステークスを勝ってもなお52キロで臨める⑧サマーセント、状態的には決して悪くはない⑩レイホーロマンス、ここが試金石になりそうな⑭ランブリングアレーまで。

 

小倉記念(GⅢ)買い目

馬券形式 買い目 ベット荷重
馬連 ⑪-⑧⑭
ワイド ⑪-②⑩

自信度:C

 

以上、小倉記念(GⅢ)の予想でした。

よかったらランキングクリックも宜しくお願いします!