今でもふと思い出しては泣く時があります。     競馬をやってきて、一番つらかった、いや進行形で一番つらい出来事。 『後藤浩輝』が亡くなったことは、今でも受け止め切れていません。 &nb […]