この記事は「第3回 葵ステークス(重賞)の予想記事です。


 

どうもキラです。

今回は、第3回 葵ステークス(重賞)の最終予想をおこなっていきます。

第3回 葵ステークス(重賞)コースデータ

京都・芝1200m

画像元:http://www.jra.go.jp/

コースの特徴

  • スタート直後に急勾配、大きなコーナーがあり、コーナー途中から下り坂で一気に加速するため、外を回っていると振られ距離ロスしやすい⇒内枠絶対有利
  • 脚質は問わないが、内で溜めてイン差しが効果的
  • 下り坂からの加速、直線も短い、その上平坦、ととにかく展開が早く、高速決着になりやすいことから、エンジンのかかるのが遅い馬には不向き

葵ステークス(重賞)統計データ

ローテーション

近4年は橘ステークスからの馬が必ず連対している好相性。そこでの結果は問われないことから、経由しているだけでも注意が必要。あとは重賞組やマーガレットステークス組といったところですが、500万下組や芝初挑戦でも馬券に食い込んでくる可能性は全然あり。

ペース

ペースはいたって平均ペース。決着タイムは1分8秒前後と言ったところ。

牝馬

牝馬が好走している傾向アリ。3歳この時期なら単純に2キロの差は大きい可能性も。

持ち時計

①ケープコッド 1.08.9(中山/良/19.12)
②アルムブラスト 1.08.8(中山/良/19.09)
③レジェーロ 1.08.7(小倉/良/20.02)

 

葵ステークス(重賞)好調教馬

馬名 評価
⑥カバジェーロ
⑧サヴァイヴ
⑪ゼンノジャスタ
⑫ビアンフェ
⑬グリンデルヴァルト

 

葵ステークス(重賞)最終結論

間が空いてかなり人気が下がってますが、枠、脚質、持ち時計、調教から踏まえて、③レジェーロから勝負したいと思います。

⑫ビアンフェと⑩デンタルバルーンがハナ争いをすると思いますが、③レジェーロは無理にハナに行く必要はないので、楽に好位、という理想の流れに持って行きたいところ。ペースが速くならなければなお良しです。単純に牝馬なのもいいですね。

相手は、逃げてそのままが考えらえる⑫ビアンフェ、橘ステークス組から④マイネルグリッド、⑪ゼンノジャスタ、マーガレットSで逃げながら脚も伸ばしていた⑮エレナアヴァンティ、前走は成長が見られ改めて見直し必要な⑬グリンデルヴァルトまでを厚めにし、このメンバー構成ならどんぐりの背比べという可能性もあるという事から、他は薄めでも全流しで。

 

葵ステークス(重賞)買い目

馬券形式 買い目 ベット荷重
馬連 ③-⑫ ★★★
③-④⑪⑬⑮ ★★
③-①②⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑭⑯
ワイド ③-全

自信度:A

以上、葵ステークス(重賞)の予想でした。

よかったらランキングクリックも宜しくお願いします!